名刺をオリジナルで作成依頼する際に必要なこと

オリジナルの名刺を業者に依頼する際には、注意しておきたいことがあります。まず作成する上でのコンセプトを決めておく必要があります。業種によっても宣伝効果を高めるためのポイントは異なります。その上で、使用する用紙やデザインなどを決めことができます。さらにその用紙やデザインを求めるためには、どんな業者に依頼するべきかを調べることになります。業者によって扱う用紙は違いますし、デザインに関してもどのように作成するのか異なります。場合によっては自分でデザインのためのデータを用意することも必要になります。そのために専用ソフトが必要になることもあれば、フリーで提供されるテンプレートを利用できることもあります。このような様々な要素に関しての知識を得ておくことが大事です。

印刷業者の選び方について知っておきたいこと

オリジナルの名刺を作るためには、まず業者の選び方を知っておく必要があります。ネット印刷サービスなら格安で注文できるところもありますが、自分でデザインすることができないところもあります。ある程度のテンプレートが用意されるだけで、オリジナリティを出すことができないケースもあるので注意が必要です。次に用紙選びですが、これも業者によって扱うラインナップがかなり異なります。高級感のあるものまで扱う業者もあれば、最低限の種類のみ用意しているところもあります。これは種類を限定して仕入れることで、在庫とする用紙の単価を抑えることができるからです。オリジナリティを重視するのであれば、多少は用紙代が高くなったとしてもなるべく多くの種類のものを揃えている必要があります。

デザインの作成において知っておきたいこと

オリジナルの名刺を作る場合には、まず印刷業者が豊富なテンプレートを用意しているか、あるいは自分で画像データを用意する必要があります。自分で用意する場合には、ひとつ注意点があります。まずデータの形式は通常RGB形式となっていますが、印刷ではCMYKの4色に分解されます。これはインクの色を表していますが、この変換による過程で若干カラーの色味が変わることがあります。従来の印刷会社であれば、作業でその補正を行なっていましたが、ネット印刷サービスではコスト削減のために行わないことが多いものです。もし元の画像の色調にこだわるというのであれば、製版会社に依頼する必要があります。もちろん料金は高くなりますが、満足できる色調の品質で仕上げてくれることになります。