オリジナルの名刺を自作する際に必要なこと

名刺は、自分を取引先や顧客に売り込む為の顔です。企業では、従業員に営業ツールとして手渡しており、従業員は営業活動などを行う際に、これを渡して業務を遂行していく事になります。オリジナルの物を作っておけば、相手に担当者の名前や顔を覚えてもらいやすい環境作りが行えます。このようなツールは、印刷会社がサービスとして注文を受け付けており、一からオーダーを受け付けて作っていく場合と元になるデザインになった用紙をベースに作り上げる場合とがありますので、印刷会社に作ってもらう際には、用途に応じてデザインをしっかりと考えておくと良いでしょう。業者に頼まなくてもプリンターと画像編集ソフトを使って自作する事も可能です。奇抜過ぎるデザインは、相手が受け取った時に収納や管理がしにくくなる原因となりますので、素材を変えたり、収納しやすいサイズにするといった工夫が必要です。

デザインを如何にして魅力的なものにするか

オリジナルデザインの名刺は、そのデザイン性を活かす必要性があります。デザインの仕方によって、見易くなったり、オシャレになったりしますので、フォントの選び方や用紙の素材の選び方、形を工夫していきます。フォントの種類や大きさは、全体のバランスを決める要素の一つです。日本語の場合は、フォントの選び方で整然としたり、強調したり、こじんまりとしたように見えたりしますので、ゴシック体と明朝体を比較して、全体のバランスが取れる書体を選ぶ事が大切です。用紙の選び方によって素材による変化を引き出せます。近年では、プラスチックを採用したり、天然素材を採用したりというように色々な素材をベースに作っていく事ができるようになってきています。他の物とは一味違う雰囲気を作り出したいのであれば有効な選択肢と言えます。

自作する際には用途を決めて制作するには

自作する際には、オリジナル名刺の用途を考慮しておくとデザインなどが決めやすくなります。デザインツールとしては、パソコンで動作するソフトウェアであれば、ほとんどのソフトウェアで行う事ができます。画像編集ソフトの他にはイラストレーションソフトや表計算ソフト、ワープロソフトなどを使えば、テンプレートを利用する事ができますので、自分で色々なデザインを行えます。用途を決めておく事で、サイズや素材、フォントのバランスや書体の選び方などを決めていく事ができ、仕上がりを高められる環境作りが行えます。相手に渡す物ですので、本人の仕事のイメージや企業カラーにマッチさせつつ、華美になり過ぎないように注意をして制作をしていく事が必要です。自作する利点は、印刷会社では作ってくれそうにないデザインでも実現でき、直ぐに修正を行える事です。