オリジナルの名刺を作るメリットデメリット

一般的な企業に勤めているサラリーマンであれば、企業から名刺を支給されていると思います。普通はそれで事足りるのですが、それはあくまでも企業の紹介となってしまいます。受け取った相手は、「あの企業の人だね」という印象しか残りません。そこから脱却して肩書き抜きで自分自身のことを相手に知ってほしいのあれば、オリジナルのものを作成することをおすすめします。そうすれば今までの企業の中の自分ではなく、独立した一人の人間としての紹介となり、自分自身を表す分身となります。その中に自分自身の夢やビジョン、好きなものなどを書いておけば、受け取った相手は、そこに興味を持ってくれてそこから話が広がる可能性が高まります。そのためには自分自身のことをしっかり把握しなければなりません。そうしないとありきたりな情報だけ載せた簡素なものとなり、相手に興味を持ってもらえないでしょう。

オリジナル名刺を作るメリットについて

メリットについては、やはり自分の好みに合わせて好きなように作ることができる点にあります。各内容も文字の大きさ、色、レイアウトも自由ですし、用紙の紙についても光沢のある質感やマットな質感など何もかも自由に決められます。最も大きなメリットは自分のことを書くことができます。一般的な企業であれば、会社名と会社の住所、ホームページがメインで、そこに自分の名前と役職、メールアドレスが乗る程度で、個人情報はそれくらいしかありません。しかし自分で作れば、自分の情報を自由に載せることができます。ブログのURLや好きな言葉、自分の夢や新年など、自分個人のことを相手に知ってもらうには非常に大きなツールとなってくれます。受け取った相手も興味を持って会話のよいきっかけになります。

オリジナル名刺を作るデメリットについて

デメリットについては、自分自身のことをよく知らないと作るのは難しいですし、ありきたりなものとなってしまう恐れがあることです。せっかくのデザインでも、自分の夢や目標、やりたいことなどが分からなくて何も載せないままだと、名前とメールアドレス、勤務先だけということになってしまいます。シンプルといえば聞こえは良いですが、自分で作る意味がなくなります。そのような場合には企業用のものをそのまま使っておいたほうが余計な費用も掛かりませんし、信用があります。ですから作る前には、自分自身としっかり向き合って、自分自身を書き出して、受け取った相手に伝えたいのかを明確にする必要があります。相手が受け取ったときに興味を持ってくれて次につながるようなものであるべきです。